飼い方

お悩み

【ハムスター】凶暴化の原因と予防策9選。噛まれないように注意!

ハムスターが凶暴になる原因の多くがストレスです。安心して快適に暮らせるように工夫してあげましょう。アレルギー体質の人は噛まれるとアナフィラキシーショックを起こす危険があるので注意が必要です。
お悩み

ハムスターが痒がる原因は!?5つの対処をして動物病院へ

ハムスターが体を痒がる原因はアレルギーやカビ・ダニによる皮膚炎、ストレスなど。飼育環境を清潔にしアレルギー源を取り除き、ストレスを減らします。飼い主さんは病気について勉強し、不調に気づいたらすぐに動物病院へ連れていきましょう。
お悩み

【ハムスターがはげた!?】脱毛の5つの原因と対処法。

ハムスターの脱毛には、ストレスや病気、アレルギーや老化など、さまざまな原因があります。飼育環境を改善しつつ、すぐに動物病院に連れてことが大切です。
お悩み

【ハムスター】うんていの5つの理由。対策して危険を回避して!

ハムスターのうんていは、エサや運動の不足が理由になることがほとんど。対策として水槽ケージにすることがベストです。ハムスターがケガをしないよう、うんていをさせない工夫をしましょう。
懐かせ方

ハムスターの記憶力はどれくらい?飼い主を認識してもらうには?

ハムスターの記憶力はペットの中では比較的よくない方ですが、優れた聴覚と嗅覚により周囲の環境を認識して生きるために最低限必要なことは覚えています。飼い主の臭いを覚えてもらうことでスキンシップを図りやすくなります。
季節ごと

ハムスターが寒いときの5つのサイン【気づいたらすぐに対策を!】

ハムスターは寒いときに体が震えたり活動量を落として冬支度を始めてしまいます。放置すると擬似冬眠につながり命の危険も。サインを見逃さず、気付いたらすぐに寒さ対策をしましょう。
懐かせ方

ハムスターに手乗りさせる方法!【簡単5ステップ】注意点も紹介

ハムスターに手乗りさせるには、まず警戒心を解くことが大切です!飼い主の臭いを覚えてもらい、時間をかけて手に慣れさせます。飼育本マニアの私が手乗りさせるための具体的な方法を5段階に分けて解説!脱走事故が起こらないように気を付けてください。
お悩み

ハムスターが脱走!?捕まえ方と予防策【すぐにすべき5つの対処】

ハムスターが脱走したらドア・温度・カーテン・コード・注意喚起の対処を!飼育本マニアの私が、脱走ハムスターの探し方と捕まえ方・脱走の理由と予防法を詳しく解説します。水槽ケージだと予防しやすいです。普段からハムスターにストレスを与えないよう注意しましょう。
お悩み

【大切なこと】ハムスターが老化してトイレを忘れたら【3つの対応】

飼育本マニアの私が解説!ハムスターが老化してトイレの場所を忘れたら、①ケージ内の床材をこまめに交換して清潔に!②病院で健康チェック!③ハムスターへの愛情を忘れないで!
お悩み

【ハムスターの老化】水を飲んでくれないとき【エサの工夫と栄養剤】

高齢になり老化したハムスターは水を飲む量が減ります。これまで10冊以上の飼育本を読み、ジャンガリアン・ロボロフスキー・ゴールデンたちを育ててきた私が、水分を補うための方法を解説します。飲みやすい給水器・水分を含んだエサを用意してあげましょう。