高齢になったら

高齢になったら

【大切なこと】ハムスターが老化してトイレを忘れたら【3つの対応】

飼育本マニアの私が解説!ハムスターが老化してトイレの場所を忘れたら、①ケージ内の床材をこまめに交換して清潔に!②病院で健康チェック!③ハムスターへの愛情を忘れないで!
高齢になったら

【ハムスターの老化】水を飲んでくれないとき【エサの工夫と栄養剤】

高齢になり老化したハムスターは水を飲む量が減ります。これまで10冊以上の飼育本を読み、ジャンガリアン・ロボロフスキー・ゴールデンたちを育ててきた私が、水分を補うための方法を解説します。飲みやすい給水器・水分を含んだエサを用意してあげましょう。
高齢になったら

【実例あり】老化して毛並みが悪くなったハムスターの姿と4つの対応

飼育本マニアがハムスターの老化による毛並みの変化を実際の写真で解説!そのままの姿を受け入れ、ケージやエサに工夫をして老化対策を!病気じゃないか確認も。
高齢になったら

【ハムスターの老化】歩き方がぎこちなくなったら【ケージを水槽に】

ハムスターが老化して歩き方がおかしいと気づいた飼い主さんへ。その子が安全で快適に暮らせるように、ケージを水槽タイプにしてバリアフリーの飼育環境を整えてあげましょう。歩きやすい環境にすると、高齢のハムスターでもたくさん遊んでくれますよ!
高齢になったら

【高齢ハムスター】老化して痩せてきたら【食べやすいエサを】

ハムスターが高齢になってくると、老化の影響で痩せてしまうことが多いです。いつものペレットが食べにくくても、柔らかいエサにするとたくさん食べてくれることも!はむねこ家での実体験を交えながら、痩せてしまったハムスターに与えたエサについて解説します。
高齢になったら

【高齢ハムスター】老化の症状が現れたら【エサやケージに工夫を】

飼育本マニアの私が解説!ハムスターは老化で身体にいろんな症状が現れます。ペレットを食べなくなったり、活動量が減って寝てばかり。巣箱から出てこない時間も多くなります。エサを柔らかくし、ケージをバリアフリーに、健康チェックをしてあげましょう!
高齢になったら

ハムスターが高齢になったら【ケージ編】水槽でバリアフリー化!

飼育本マニアが解説!ハムスターは高齢になるとケガや病気で歩きづらくなります。ケージや飼育環境をバリアフリー化にして、ハムスターが安全に暮らせるように工夫しましょう!
高齢になったら

ハムスターが高齢になったら【食事編】柔らかいエサと栄養剤を!

飼育本マニアが解説!ハムスターは高齢になるとエサを食べる量が減ります。でも柔らかいエサなら食事量を増やせますし、栄養を補いつつ食欲UPする栄養剤もあります。この記事では高齢ハムスターのエサについて実体験も交えながら紹介します。硬いペレットでも食べさせてあげる方法があります。
高齢になったら

ハムスターが亡くなったらどうしたらいい?【生死の確認や埋葬方法】

先月ジャンガリアンハムスターのきゅーちゃんが亡くなりました。いつかお別れの日がくるとわかっていても、やっぱり辛い。今日は、ハムちゃんが亡くなったらする3つのこと「生死の確認」「亡骸の安置」「埋葬方法の決定」について、をはむねこ家の体験談とともにお伝えしします。