まおみ

種類・習性

ハムスターにも肉球があるの知ってた?その魅力や役割について解説

ハムスターにも肉球があり、その役割はエサを掴んだり歩行の衝撃を和らげることです。柔らかい触り心地でとても癒されます。肉球を観察したいならゴールデンハムスターがオススメ。触りすぎるのはストレスになるので控えましょう。
お悩み

【ハムスター】凶暴化の原因と予防策9選。噛まれないように注意!

ハムスターが凶暴になる原因の多くがストレスです。安心して快適に暮らせるように工夫してあげましょう。アレルギー体質の人は噛まれるとアナフィラキシーショックを起こす危険があるので注意が必要です。
お悩み

ハムスターが痒がる原因は!?5つの対処をして動物病院へ

ハムスターが体を痒がる原因はアレルギーやカビ・ダニによる皮膚炎、ストレスなど。飼育環境を清潔にしアレルギー源を取り除き、ストレスを減らします。飼い主さんは病気について勉強し、不調に気づいたらすぐに動物病院へ連れていきましょう。
種類・習性

【ハムケツってかわいい!】なぜハムスターのお尻が魅力的なのか。

ハムケツというかわいい愛称で呼ばれるハムスターのお尻は、尻尾が短いおかげでネズミ感が薄れとても魅力的です。ハムケツだけを集めた写真集が発売されていることをご存知でしたか?敏感で繊細な部位なので触るのはやめましょう。
お悩み

【ハムスターがはげた!?】脱毛の5つの原因と対処法。

ハムスターの脱毛には、ストレスや病気、アレルギーや老化など、さまざまな原因があります。飼育環境を改善しつつ、すぐに動物病院に連れてことが大切です。
飼育事情

【ハムスター】臭い対策5選!消臭グッズでお部屋も快適!

ハムスターの臭いの原因のほとんどはおしっこです。対策として手軽にできるお世話の方法と、消臭に便利なグッズを紹介します。
お悩み

【ハムスター】うんていの5つの理由。対策して危険を回避して!

ハムスターのうんていは、エサや運動の不足が理由になることがほとんど。対策として水槽ケージにすることがベストです。ハムスターがケガをしないよう、うんていをさせない工夫をしましょう。
おやつ

【ハムスター】ラクトバイトって?与える量は?あげすぎに注意!

ハムスターの栄養を補助してくれるラクトバイト。ペースト状で便利ですが、与える量に気を付けましょう。甘味があるのでスプーンに乗せるとペロペロと舐めてくれます。
懐かせ方

ハムスターの記憶力はどれくらい?飼い主を認識してもらうには?

ハムスターの記憶力はペットの中では比較的よくない方ですが、優れた聴覚と嗅覚により周囲の環境を認識して生きるために最低限必要なことは覚えています。飼い主の臭いを覚えてもらうことでスキンシップを図りやすくなります。
種類・習性

ハムスターが寝起きに見せる5つの特徴!注意点も紹介します。

ハムスターは寝起きの状態だとあくびをしたり、体が震えたり、寝ぼけてふらふらすることもあります。飼い主に寝起きの姿を見せるのはリラックスしている証拠。動きが遅いから写真を撮るチャンスです。驚かせないように注意しましょう。