当サイトはプロモーション広告を含みます。

ケージ

ハムスターの行動

ハムスターがペロペロとケージを舐めるのはなぜ?やめさせるには?

ハムスターがペロペロとケージを舐めるのは①水分不足②味見③ケージから出たい などが考えられます。水分補給やケージから連れ出すことで解消できるかも?治らないなら放置でも大丈夫。
飼育グッズ

ハムスターのキャリーケース『はむはむキャリー』が超オススメ!

ハムスターのキュリーケースがあれば、移動や掃除の退避などに使えてとても便利です。マルカンのはむはむキャリーは軽くて丈夫。使いやすいサイズでとてもオススメです。
仲良くなる

ハムスターのケージレイアウト【おしゃれ&なつきやすいコツ3選】

ハムスターがなつきやすくてオシャレなケージにレイアウトするコツを解説。理想の雰囲気を決めてからグッズを買うべきです。レイアウト例・グッズの選び方・注意点も丁寧に解説します。
体調不良

【ハムスターの老化】歩き方がぎこちなくなったら【ケージを水槽に】

ハムスターが老化して歩き方がおかしいと気づいた飼い主さんへ。その子が安全で快適に暮らせるように、ケージを水槽タイプにしてバリアフリーの飼育環境を整えてあげましょう。歩きやすい環境にすると、高齢のハムスターでもたくさん遊んでくれますよ!
ハムスターの行動

【ハムスターの飼い方】ケージを噛む5つの理由と対処法

ハムスターがケージを噛むのは飼い主に不満を訴えているからです。水槽ケージに変えると簡単に噛み癖を直すことができます。金網を噛み続けると不正咬合になるため、すぐに対処しましょう。
体調不良

ハムスターが高齢になったら【ケージ編】水槽でバリアフリー化!

飼育本マニアが解説!ハムスターは高齢になるとケガや病気で歩きづらくなります。ケージや飼育環境をバリアフリー化にして、ハムスターが安全に暮らせるように工夫しましょう!
飼い主の事情

【ハムスターの落下事故】元気?大丈夫?いいえ、すぐに動物病院へ。

ハムスターが落下事故を起こしたらすぐに動物病院へ連れていきましょう。元気・大丈夫そうでも安心できません。獣医師に診てもらいケガ・不正咬合・体調不良がないか確認が必要です。再発防止のためにしっかり対策しましょう。
飼育グッズ

ハムスターのケージ『ルックルックフォーチュン』の正直な口コミ。

ハムスターのケージにルックルックフォーチュンを使用してみたので、正直な口コミをメリット・デメリット5つずつ紹介します。安全面を最優先するなら水槽ケージをオススメします。
飼育グッズ

ハムスターには水槽ケージがオススメ!3つの理由で楽しく飼える♪

ハムスターを楽しく飼育したいなら幅60cmの水槽ケージがオススメ!①安全に飼える②お世話がラクになる③部屋がオシャレになる 運動しやすい広さ・脱走できない高さの使いやすい商品も紹介します。