ジャンガリアンハムスター飼育グッズ一覧≫

ハムスターに慣れてもらうために!初めの1週間合言葉は「触らない・覗かない・ほっておく!」

かわいいハムスターの画像
よい眺めじゃ。

 

まおみ
まおみ

ハムスターを迎えた初日。

・・・可愛い。

まおみ
まおみ

可愛い。

まおみ
まおみ

可愛いすぎる!!

きゅーちゃん
きゅーちゃん

知ってる。

まおみ
まおみ

だから、触れたい、おやつあげてみたい、SNSでみるように抱っこしてみたい!

  

きゅーちゃん
きゅーちゃん

・・・・・。

 

とまあ気持ちはすごくわかります。わかる。

でも!少なくとも初めの1週間は待って!(ほんと言うとハムスターが環境になれるまで待って!)

 

じゃないと

 

きゅーちゃん
きゅーちゃん

こいつうぜえ。

 

ってなるから!!

まおみ
まおみ

・・・今日はそんなお話です。

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハムスターに慣れてもらうために

  

ハムスターを迎える前に飼育環境を整えておく

ガラス水槽
準備よーし!!

当たり前なんですが、ハムスターをお迎えするまえに、ケージに床材・エサ・給水器・回し車やトイレなどをいれて、完璧にセッティングします。

 

ハムスターをお迎えしたショップでいろいろ買って揃えて~という悠長なことはしてられません。

 

ハムスターにとったら、よくわからない紙箱やキャリーバッグに入れられ移動。

着いたと思ったら知らない場所。どこ、ここ?!?!状態です。

  

お家についたら一刻も早く、用意したケージに移してあげてください。

ペットショップから移動し、新しいケージへ移る。これは、ハムスターにとって大きなストレスです。

ハムスターにとって「よくないこと・怖いこと」をする場合は、人のにおいをつけないほうがいいと思います。

「このにおいは安全じゃない!」と覚えてしまうと、その後警戒されてしまうからです。

ペットショップからお迎えした場合、ハムスターは紙箱等にいれられた状態かと思いますので、紙箱ごとケージにいれて自主的に出てきてもらうのがおすすめです。

 

少なくとも初めの1週間は、ハムスターに構わない

ハムスターの引っ越しっが完了したら、ハムスターが慣れるまでほっておいてあげてください。

少なくとも初めの1週間は、触らない・覗かない・ほっておく!

  

まおみ
まおみ

かわいいよーーーーー

覗きたいよおおおおお

はむあき
はむあき

気持ちはわかるけど、今後信頼関係を築くためにも我慢!!!

 

ハムスターにとったら、引っ越してきた家は未知の世界です。

ハムスターは捕食される側の生き物。つねに警戒心MAXです。

 

そんな警戒&緊張MAXなときに、知らない生き物(人間)の手が伸びてきたら。

覗かれて視線を感じたら。

 

きゅーちゃん
きゅーちゃん

ここ無理。人間怖い。

 

こうなります。

もちろん、ハムスターには個体差があります。性格というんでしょうか。

はじめっから好奇心旺盛で人に近づいてきたり、すごく大人しかったりするこもいますが・・・例外じゃないかなと。

 

まおみ
まおみ

とにかく環境に慣れてもらう!それのみ!

合言葉は、「触らない・覗かない・ほっておく!」

  

やるべきことは、えさと水の交換

かわいいハムスターの画像
ごはんと水だけはよろしく!

ほっておくというのは、「必要以上に構わない」ということです。

じゃあ必要なことって?

「エサと水の交換」です。

  

夜、ハムスターが活動する時間に、そっとエサとお水の交換をします。

とにもかくにも、「ここは安全だよ~だれも君をとって食いはしないよ~」と安心させてあげてください。

  

環境に慣れてきたら、ハムスターのほうからケージの入り口付近に来たり、きょろきょろとあたりを見回すようになります。

 

においは必要以上にとらない

回し車におしっこして・・・とか

あ、こんなところにうんちして・・・とか。

 

でも、ハムスターにとって、においは人が想像する以上に大切なんです。

人のように目で見て情報を得るのではなく、主に聴覚と嗅覚で情報を得るからです。

 

まだ慣れない環境の中、いきなり自分のにおいが無くなったら。

においで情報を読み取るハムスターは、不安に突き落とされるでしょう。

 

人間からすると「衛生的に心配・・・」となりますが、初めの1週間はぐっとこらえて安心させてあげてください。

 

はむねこ家の失敗談

敵の襲来?!

初代ハムスターひじかたさんのときも、2代目きゅーちゃんの時も。

お迎え3~4日で思いっきり覗くわ、手からえさをあげるわ、コミュニケーションとりまくり。

 

ひどいときは、巣箱の前にひまわりの種を持っていって、無理やり起こして食べさせてました・・・(猛省)

 

幸い、ひじかたさんはそんなに警戒心MAXにはならなかったけれど、

きゅーちゃんは警戒心むき出しになりました。ごめん。

 

きゅーちゃん
きゅーちゃん

きみたちが悪い。

 

その後、きちんと一定の距離をとって必要なエサと水、トイレ砂の交換(たまの大掃除)に徹し、「ハムスターがおやつを欲しそうなときにあげる。必要以上に構わない。」を徹底したところ、

 

「きゅーちゃん!」の声に反応して、外に出てきて手に乗ってくれるようになりました。

初めに失敗したのもあったのか、半年以上はかかりましたが。 

まおみ
まおみ

初個体差もあると思うので、すぐに慣れるこもいると思いますよ!

 

まとめ:必要以上に構うと慣れにくくなる!

 

はむあき
はむあき

慣れるというか、「信頼関係」よね。

この場所は安全、この人は大丈夫って。

まおみ
まおみ

そうそう。初めが肝心。

あとからやり直しもきいたけど、かなり時間はかかったしね。

はむあき
はむあき

これからハムスターを迎えられる方は、是非「ハムスター目線」

ハムちゃんに接してあげてください。

それが慣れてくれる近道です!

まおみ
まおみ

以上、「ハムスターに慣れてもらうために!初めの1週間合言葉は「触らない・覗かない・ほっておく!」というお話でした!

 

ではまた次の記事で!

まおみ

 

>>>お知らせ:夫はむあきの画像合成作品について】

夫はむあきが、ハムスターの画像合成作品を制作しています。普段外にでることのないハムスター。そんなハムスターにも、外の世界をみせてあげたい!と始めた画像合成。

水辺に出かけたり、森を探検したり、ワクワクとドキドキがつまった世界です。

是非、一度はむあきの幻想的な世界をご覧ください。

 

↓はむあきの画像合成作品はこちら↓

コメント

お問い合わせ