ハムスターのお迎え1週間の過ごし方【気を付けることは3つ!】

アイキャッチ_ハムスター_お迎え_1週間お迎え前後

こんにちは!ハムスター大好き家族「はむねこ家」の妻 まおみ です。

このブログでは、ハムスターを大切に育てるために知っておきたい知識を解説しています。

まおみ
まおみ

私は飼育本や文献を10冊以上読んできた「飼育本マニア」です!ジャンガリアン・ロボロフスキー・ゴールデンを育ててきました。


ハムスターをお迎えした初日。

飼い主<br>さん
飼い主
さん

可愛い。

こども
こども

可愛すぎる!!

飼い主<br>さん
飼い主
さん

触りたい!おやつあげたい!SNSで見たように抱っこしたい!

まぁ、気持ちはすごくわかります。うん。

まおみ
まおみ

でも!少なくとも初めの1週間は待って!

(ほんと言うとハムスターが環境になれるまで待って!)じゃないと、

ハムスター
ハムスター

飼い主、うざい・・

ってなるかも・・

今回の記事では、ハムスターを初めてお迎えする方・お迎えしたばかりの方に向けて

  • ハムスターをお迎えするための準備
  • ハムスターをお迎えしてから1週間の過ごし方

について解説していきます。

まおみ
まおみ

ハムスターと仲良くなるためには、最初の1週間をどう過ごすかがカギです!

ぜひ最後まで読んでくださいね!

スポンサーリンク

ハムスターをお迎えする前に

ハムスター ケージ 水槽

ハムスターが安心できる環境を整えておく

当たり前なんですが、ハムスターをお迎えするまえに、ケージを用意して、床材・エサ・給水器・回し車やトイレなどをいれて、セッティングしておきます。

飼い主<br>さん
飼い主
さん

ハムスターをお迎えするときに、まとめてケージも買えばいいや!

と考えるのはオススメしません。

ハムスターがショップから自宅まで移動するときは、キャリーケースか、用意していなければ小さくて残念な紙箱に入れられることになります。

ケージの用意ができるまで、ハムスターを狭くて安心できない空間で待たせるのは可哀そうですし、怖い思いをするほど、ハムスターはなつきにくくなります

まおみ
まおみ

いかにハムスターにストレスを与えないか、が重要です!

ハムスターにとったら、よくわからない紙箱やキャリーバッグに入れられ移動。

着いたと思ったら知らない場所。

ハムスター
ハムスター

どこ、ここ!?

という状態です。

お家についたら一刻も早く、用意したケージに移してあげてください。

ハムスターをお迎えした直後は、ハムスターは知らない環境に連れてこられて怖がっている状態です。

そんなときに、

飼い主<br>さん
飼い主
さん

やっぱり巣箱はこっちに配置しようかな~

みたいに、ハムスターがいる状態でレイアウトをいじったり、グッズを追加していると、さらに怖がってしまいます。

ハムスターがケージに入ったら、1週間は触らないでいいように、事前に整えておきましょう!

ハムスターを初めて飼う方に向けて、揃えるべきグッズを分かりやすくまとめた記事がありますので、合わせてご覧ください。

>>ハムスターを初めて飼うために必要なもの【まとめ】

ハムスターを連れて帰るためにキャリーケースを用意する

ハムスターをショップから自宅まで移動させるために、キャリーケースを用意しておくことをオススメします。

ハムスター-キャリーケース-はむはむキャリー
キャリーケース

先ほども少し触れましたが、ショップから自宅にハムスターを連れて帰るとき、何も用意していなければ紙箱に入れて連れて帰る可能性もあります。

キャリーケースがあれば、ショップの店員さんにお願いして、ハムスターがもともと居たケージ内の床材をキャリーケースに少し入れてもらうことができます。

ハムスターは自分の臭いがすると安心できるので、少しでもストレスを軽減してあげられます。

「ペットショップから移動し、新しいケージへ移る」

これは、ハムスターにとって大きなストレスです。

自宅に着いたら、キャリーケースや紙箱ごとケージにいれて、ハムスターに自主的にケージへ出てきてもらうのがオススメです。

まおみ
まおみ

キャリーケースは、今後も活躍する機会がたくさんあります!

はむお
はむお

ひとつ持っておくと便利ですよ。

たとえば、ハムスターを動物病院へ連れていくときにもキャリーケースが大活躍します。

ハムスターをお迎えして1週間の過ごし方

ハムスター ジャンガリアンハムスター お迎え 1週間

① お迎えしたばかりのハムスターは警戒しているから干渉しない

ハムスターにとって、引っ越してきた家は未知の世界です。

ハムスターは身体が小さいので、自然界では捕食される側の生き物。

つねに警戒心MAXです。

ハムスターの引っ越しが完了したら、ハムスターが慣れるまでほっておいてあげてください。

しばらくは巣箱にひきこもったまま、出てこないかもしれません。

少なくとも、初めの1週間は、触らない・覗かない・ほっておく!

こども
こども

かわいいよーーーーー

覗きたいよおおおおお

はむお
はむお

気持ちはわかるけど、これから信頼関係を築くためにも我慢!!!

ハムスターが警戒&緊張MAXのときに、知らない生き物(人間)の手が伸びてきたら・・・

覗かれて視線を感じたら・・・

ハムスター
ハムスター

ここ無理。人間怖い。

こうなります。

もちろん、ハムスターには個体差があります。性格というんでしょうか。

たまに例外として、始めから好奇心旺盛で人に近づいてきたり、すごく大人しかったりするこもいますが。

まおみ
まおみ

とにかく環境に慣れてもらう!それのみ!

合言葉は、「触らない・覗かない・ほっておく!」

② お迎え直後はエサと水の交換だけ

ハムスターをお迎えしたばかりの頃は、必要最低限のお世話だけにして、なるべくハムスターに干渉しない方が良いです。

飼い主<br>さん
飼い主
さん

じゃあ必要なことって?

それは、「エサと水の交換」です。

夜、ハムスターが活動する時間に、そっとエサとお水の交換をします。

とにもかくにも、

まおみ
まおみ

ここは安全だよ~だれも君を食べたりしないよ~

と安心させてあげてください。

環境に慣れてきたら、ハムスターのほうからケージの入り口付近に来たり、きょろきょろとあたりを見回すようになります。

③ 安心できるようにハムスターの臭いを取らない

飼い主<br>さん
飼い主
さん

回し車におしっこしてる・・

飼い主<br>さん
飼い主
さん

あ、こんなところにウンチが・・

などなど、つい綺麗に掃除してあげたくなってしまいますが、あえて完璧には拭き取らずに臭いを残すことが重要です!

ハムスターにとって、においは人が想像する以上に大切なんです。

人のように目で見て情報を得るのではなく、ハムスターは主に聴覚と嗅覚で情報を得るからです。

まだ慣れない環境の中、いきなり自分のにおいが無くなったら・・

においで情報を読み取るハムスターは、不安に突き落とされるでしょう。

ハムスター
ハムスター

俺の縄張りの臭いが消えた・・ぶるぶる・・

人間からすると「衛生的に心配・・・」となりますが、初めの1週間はぐっとこらえて安心させてあげてください。

スポンサーリンク

ハムスターをお迎え後1週間の失敗談

ハムスター お迎え 1週間 ジャンガリアンハムスター

ここまで、ひたすら「お迎え後の1週間はハムスターに干渉しない」と解説してきましたが、そういう我が家「はむねこ家」でも、いままで失敗してきました。

初めてのハムスター「ひじかたさん」のときも、2代目「きゅーちゃん」の時も。

ハムスター ジャンガリアンハムスター プディング
(左)ひじかたさん・(右)きゅーちゃん

お迎え3~4日で思いっきり覗くわ、手からエサをあげるわ、コミュニケーションとりまくり。

まおみ
まおみ

巣箱の前にひまわりの種を持っていって、無理やり起こして食べさせたり・・(猛省)

幸い、ひじかたさんはそんなに警戒心MAXにはならなかったけれど、きゅーちゃんは警戒心むき出しになりました。ごめん。

きゅー<br>ちゃん
きゅー
ちゃん

きみたちが悪い。

その後、きちんと一定の距離をとって必要なエサと水、トイレ砂の交換(たまの大掃除)だけのお世話に変更。

「ハムスターがおやつを欲しそうなときにあげる。必要以上に構わない。」という生活を徹底したところ。

「きゅーちゃん!」と呼ぶ声に反応して、近寄って手に乗ってくれるようになりました!

初めに失敗したことも影響してか、半年以上はかかりましたが・・

きゅーちゃんとの信頼関係をなんとか築くことができました。

まおみ
まおみ

個体差もあると思うので、すぐに慣れる子もいますよ!

みなさんも、早くハムスターに慣れてもらいたいなら、最初の1週間は我慢です!

はむお
はむお

「急がばまわれ」です!

お迎え後の1週間はハムスターの安心を最優先【まとめ】

ジャンガリアンハムスター お迎え 1週間

この記事では、ハムスターのお迎え方法と、お迎えしてから1週間の過ごし方について解説してきました。

まおみ
まおみ

初めが肝心!あとからやり直しもきくけど、かなり時間がかかる。

はむお
はむお

これからお迎えする方は、ぜひ「ハムスター目線」で接してあげてください。それが慣れてもらう近道です!

この記事を読んでくれた方が、ハムスターとの素敵な生活を送れますように!

それでは!