【大切なこと】ハムスターが老化してトイレを忘れたら【3つの対応】

アイキャッチ_ハムスター_老化_トイレ2高齢になったら

こんにちは!はむねこ家の妻 まおみ です。

このブログでは、ハムスターを大切に育てるために知っておきたい情報を解説しています。

まおみ
まおみ

私はこれまでハムスターの飼育本を10冊以上読んできた「飼育本マニア」です!

ジャンガリアン・ロボロフスキー・ゴールデンの飼育経験があります!


ハムスターが高齢になってくると、

飼い主さん
飼い主さん

あれ?いつもと違うところでおしっこしてる・・

飼い主さん
飼い主さん

今まではトイレを覚えていたのに・・

ということを経験する飼い主さんも多いと思います。

この記事では、そういった方に向けて

  • トイレを忘れてしまった高齢ハムスターへの【3つの対応】
  • 老化によるトイレ以外の【4つの変化】

について解説していきます。

この記事を読めば、高齢でトイレを忘れてしまったハムスターのために何をすればいいかが分かります。

まおみ
まおみ

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

ハムスターが老化でトイレの場所を忘れたら

対応① ケージ内の床材をこまめに変える

老化によりハムスターがトイレの場所を忘れてしまった場合、ケージ内のどこかでおしっこをしています。

そのままにしていると、ケージやハムスター自身から臭いがするようになります。

おしっこがついた床材を放置していると、ハムスターの健康を害するアンモニアが発生してしまいます。

おしっこをしている場所が分からない場合は、床材を2日~3日ごとに変えてあげると清潔です。

マウスやラットではケージ交換後2日目頃からアンモニアが増加しはじめ、6-7日目でほぼピークに達する<中略>

最低2-3日毎に床材は交換するべきであろう。

1.ハムスターの基礎 – epc-vet.com

はむねこ家での事例を紹介すると、普段のハムスターが健康なときはだいたい1週間ごとに床材を交換しています。

ただ、2代目ジャンガリアン「きゅーちゃん」が高齢になったとき、少し違うパターンが起こりました。

トイレではおしっこをしなくなったのですが、

はむお(夫)
はむお(夫)

ん?ケージの角の床材が濡れてる?

と気づき、きゅーちゃんは自分のハウスの近くを新しいトイレにしていることが分かりました。

なので、新しくトイレとして決められた場所にキッチンペーパーを敷き、周辺の床材は毎日交換することに。

まおみ
まおみ

他の場所でもおしっこをしてないか、入念にチェックしました!

また、

木製チップや草などの床材は、おしっこで汚れると細菌が増殖しやすい

ので、はむねこ家では紙素材の床材を使っていました。

詳しくは、>> 【ハムスターの床材】アレルギー対策には紙素材「ごきげん快適マット」がおすすめ をご覧ください。

紙素材の床材とこまめな掃除で清潔な飼育環境を保ってあげましょう。

きゅーちゃん(ジャン)
きゅーちゃん(ジャン)

掃除よろしくでち!

対応② 病院に連れていき健康状態を確認する

トイレを忘れてしまうということは、そのハムスターが高齢になっている証拠です。

人間のお年寄りと同じように、高齢になると「もの忘れ」だけでなく、身体にも不調が出てくるものです。

ぱっと見、元気そうに見えていても油断は禁物です。

ハムスターは体調不良を隠す習性がある

ということを忘れてはいけません。

腫瘍ができたり、歯の状態が悪くなったりと、高齢になるとトラブルは多いです。

はむねこ家のきゅーちゃんは、2歳あたりでトイレの場所が変わりました。

ちょうどその頃、健康チェックで病院に行ったとき、下腹部に腫瘍が見つかることに。

普段からハムスターを病院に連れていく習慣がない飼い主さんは、

トイレを忘れてしまったというこの機会に、健康チェックを兼ねて病院へ連れていってあげてください。

今までハムスターを病院へ連れていったことがない方は、こちらの >> ハムスターを病院へ連れていく方法【キャリーケースを準備】をご覧ください。

まおみ
まおみ

専門家に診てもらうと、安心できますよ。

対応③ ハムスターへの愛情を忘れない

ハムスターが高齢になり、トイレを忘れて違うところでおしっこをするようになると、

飼い主さん
飼い主さん

せっかく専用のトイレがあるのに。床材の掃除の手間が増えて大変・・

と思ってしまうもの。

今までより頻繁に床材の掃除をしないといけないし、床材のコストも掛かる。

人間の介護と同じで、高齢になったハムスターのお世話をするということは肉体的にも精神的にも辛いものです。

それでも、

  • ハムスターへの愛情は、絶対に忘れないでください。

今は高齢になり、お世話も大変になってしまったかもしれません。

でも、そのハムスターはお迎えしてからたくさんの癒しを与えてくれた子です。

まおみ
まおみ

もちろん、高齢になっても可愛いし、癒されます!

ハムスターは人間よりも年を取るのが早いだけ。

高齢になったら誰かの手厚いサポートが必要になるのは仕方のないことです。

ハムスターのペースに合わせて、その子が快適に暮らせるように優しくお世話してあげましょう。

スポンサーリンク

ハムスターの老化による、トイレ以外の変化

これまで、ハムスターが高齢になってトイレを忘れてしまったときの対応について紹介しました。

でも、トイレ事情を考えるだけでは安心できません。

ハムスターは高齢になると、食事やそのほかの面でもトラブルが増えます。

まおみ
まおみ

ここからはトイレ以外で、ハムスターが高齢になったら注意することを紹介していきます。

変化① ペレットを食べなくなる

ハムスターは高齢になると、硬いものを食べにくいです。

原因としては、老化によってあごの力が弱っていたり、歯そのものにトラブルが起こったり。

もし、ペレットをいつもより残すようになっていたら、柔らかいエサを与えましょう。

はむねこ家のきゅーちゃんは、1歳半のころに病院で「不正咬合」の診断をされました。

下の歯が欠けてしまい、うまくペレット噛めない状態に。

この時期からエサをふやかして柔らかくし、食べやすくしてあげました。

柔らかいエサについて、詳しくは >>ハムスターが高齢になって工夫したこと【食事編】にまとめていますので、ご覧ください。

まおみ
まおみ

栄養不足にならないように注意!

変化② 動きな鈍くなり、段差がつらくなる

ハムスターは高齢になると、足腰の力も衰えてきます。

飼い主さん
飼い主さん

あれ?いま回し車に登れずに落っこちた?

なんていう場面も。

2階建てハウスで飼っているなら、ハムスターは1階と2階を行き来するのがつらくなっているかもしれません。

高いところから転落してケガをする可能性もあります。

ケージの中での上り下りや段差をなくしてあげましょう

はむねこ家では、きゅーちゃんの身体の衰えに気づいて、急いで金網タイプのケージから水槽タイプのケージに切り替え

なるべく段差をなくして、転落の危険も減らしながら快適に暮らせるように工夫しました。

詳しくは >>ハムスターが高齢になって工夫したこと【バリアフリー編】をご覧ください。

きゅーちゃん(ジャン)
きゅーちゃん(ジャン)

バリアフリー、快適でちよ。

変化③ 毛並みが悪くなる

ハムスターが高齢になってくると、毛並みが悪くなるなど、見た目にも変化が出てきます。

人間のお肌が加齢とともにハリがなくなることと同じです。

まおみ
まおみ

こればかりは仕方がないですね

ハムスターのありのままの姿を受け入れてあげましょう。

きゅーちゃん(ジャン)
きゅーちゃん(ジャン)

大事なのは見た目じゃない、中身でち!

ハムスターの老化による毛並みについては、こちらの記事で写真つきで紹介しています。

>> ハムスターの老化による毛並みの変化【3匹の実例をお見せします】

ただ、脱毛を起こしている場合は、栄養失調の可能性もあります。

念のため、病院で診てもらうことをオススメします。

変化④ 免疫力が下がる

ハムスターは高齢になると免疫力も落ちてきます。

こまめな掃除でケージ内を清潔に保つことはもちろん、

24時間エアコンをつける

など、身体の機能が衰えた高齢ハムスターが体調を崩さないように注意しましょう。

とくに冬はハムスターの疑似冬眠に要注意です。

>> ハムスターの疑似冬眠?いいえ、低体温症です。

はむねこ家では、季節を問わず、ハムスターが生活する部屋は常にエアコンON!!

はむお
はむお

電気代よりハムスターの健康!

まおみ
まおみ

換気にも気をつけましょう!

ハムスターが老化でトイレを忘れたら、飼育方法に工夫を【まとめ】

以上、「ハムスターが老化でトイレを忘れてしまったときの対応」についてでした。

こまめな掃除や、病院に連れて行くなど、今までより手間がかかり、飼い主さんにとっては負担が大きくなります。

ですが、いつも癒しを与えてくれるハムスターのために、

愛情をもって、これまで以上に丁寧なケアをしてあげましょう。

飼い主さん
飼い主さん

この子には長生きしてほしいから、がんばります!

トイレに関するケアをしっかり行ったうえで、大切なのが

  • 柔らかいエサを与えてしっかり食べさせること
  • ハムスターに負担がかからない飼育環境を整えること

それぞれについてまとめた記事↓をご覧ください。

>> ハムスターが高齢になって工夫したこと【食事編】

>> ハムスターが高齢になって工夫したここと【バリアフリー編】

みなさんの飼われているハムスターが、ずっと快適に楽しく過ごせることを願っています。

まおみ
まおみ

それでは!

まおみ

ハムスター初心者さん必見!
初心者向け!ハムスターの飼い方【完全ガイド】
初心者さんのために、【ハムスターの飼い方】を全力でまとめました! ぜひご覧ください!
スポンサーリンク
はむねこメモリアルの管理人

ハムスターが大好きな「まおみ」と言います。これまで読んだハムスター飼育本は10冊以上。自称「飼育本マニア」です!これまでジャンガリアン、ロボロフスキー、ゴールデンたちを飼育してきました。でも、初めてハムスターを飼ったときは分からないことばかりで悩みっぱなし。たくさん試行錯誤しました。みなさんが飼っている可愛いハムスターたちが幸せな時間を過ごせるよう、書籍で得た知識や、これまでの経験を活かして「飼育の悩みを抱える飼い主さん」・「これからハムスターを飼いたい人」に少しでも役に立つ情報をお伝えできれば幸いです。

\ まおみをフォロー /
高齢になったら
\ この記事をシェア /
はむねこメモリアル