ジャンガリアンハムスター飼育グッズ一覧≫

ハムスターの病院への連れて行き方【キャリーケースを準備】

キャリーケース
キャリーケース

こんにちは!まおみ(@maomihamham)です。

  

ハムスターの体調が悪い・・・病院行かないと!

ハムスターを飼っていたら、おそらく1度はそんな事態に陥ると思います。

 

じゃあどうやって病院まで移動?ケージごと?紙の箱?

 

断言します。早めにキャリーケースを準備しておいたほうがいいです。

きゅーちゃんが通院する際、何度使ったかわかりません。

 

今日は

  • ハムスターのキャリーケースは必要?
  • キャリーケースで病院まで移動するときの方法と注意点
  • おすすめのキャリーケース

について、はむねこ家の方法も交えてお話しします。

ひじかたさん
ひじかたさん

いってみよう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハムスターのキャリーケースは必要?

キャリーケース
キャリーケース

キャリーケースは、主にハムスターの短時間の移動に使う移動用ケージ。

想定されるのは病院

 

本当は使っているケージをそのまま使えたらいいですが、そうはいかないことありますよね。大きなケージを使っている、ケージ自体が重いなどなど。

紙の箱だと、ハムスターがかじって脱走するかもしれません。

 

ですから、移動用のキャリーケースを使います。

「いつ病院にいくことになるか」なんて予想もつかないですから、その時になって慌てないために準備していおいたほうがいいです。

   

キャリーケースで病院まで移動するときの方法と注意点

  

キャリーケースで移動する前に

可愛いハムスターの画像
どこ行くの?

ハムスターをキャリーケースで移動させる前に、キャリーケースの中の環境を整えます。

  

具体的にはこんな感じ。

  • ケージの中の床材をたっぷりキャリーケースに移す
  • キャリーケースの給水器ははずす

 

まず、普段ハムスターが生活している環境のもの、つまり床材をキャリーケースにいれます自分のにおいがついているものは、ハムスターにとって安心材料です。また、おしっこをする可能性もあるのでたっぷりいれておきます。

 

次に、給水器について。キャリーケースによっては、給水器がついています。

でも、2~3時間くらいの移動であれば、給水器は要らないと思ってます。なぜなら、移動のゆれで給水器の水がしたたり落ちる、水がこぼれるという事故が怖いからです。

ハムスターって水に弱いです。さらに体調を悪化させる原因になります。

 

もし水分補給が心配であれば、キャベツなどの野菜をいれるのをおすすめします。

 

キャリーケースで移動するときの注意点

かわいいハムスターの画像
病院?結構です。

キャリーケースで移動するときに気をつけていることです。

  • キャリーケースをトートバックなどの袋などに入れてタオルをかぶせる
  • 夏は保冷材、冬はカイロを一緒に袋にいれる
  • できるだけ揺らさない

 

まず、キャリーケースの上からタオルなどをかけます。できるだけ落ちつく環境になるよう、暗くしたいからです。(まあハムスター本人は、キャリーケースに入った時点でパニックだと思いますが・・・)

また、外気の風を遮断するためでもあります。

 

次に、夏や冬など、ハムスターにとってつらい季節の温度調整。はむねこ家は車がないので、移動時間=外気に触れる時間。

  

なので、夏はタオルに保冷材を巻いて、キャリーケースの上部に設置。8月の信じられないくらいの猛暑のときは(人間も辛い)側面にも保冷材を設置してました。

また、保冷バック(中に銀色の断熱材があるもの)にキャリーケースをいれるのもおすすめです。

 

冬は、カイロをキャリーケースの床の一部にあたるように設置。ハムスターが暑いと感じたらよけられるように、です。

 

ハムスターにとってキャリーケースでの移動は、大パニックになること間違いなしなので、できるだけゆらさない。といっても限界があるので、少なくとも両手で抱えるようにして移動してました。

 

はむねこ家のおすすめキャリーケース

キャリーケース
マルカンさんのはむはむキャリー

マルカンさんの「はむはむキャリー」です。これまでハムスターの通院や、お迎え時に何度も使用していますが、特に不便はありません。

  

裏側。

マルカンさんのはむはむキャリー

  

はむはむキャリーの使いやすいところ

使いやすい点はこんな感じです。

  • 持ち運びがしやすい形状。
  • 入り口の扉は「バチン」としっかり閉まる。
  • 上部、側面に空気穴があいている。

 

床部分が長方形なんですよね。だから、持ちやすいです。大きかったり丸かったりすると、落としそうで怖いので助かってます。

また、空気穴が少し大きめなので中の様子も伺えます。常に外が見える状態だと怖がらせるかなと思って、完全透明なところがないのもお気に入り。

 

はむはむキャリーの気になるところ

気になる点としてはこんな感じ。

  • 前開きなので、開けたときにハムスターが飛び出てこないか心配。
  • 扉を閉めるときにハムスターを挟み込まないか心配。

全て前開きが故ですね。使うときは慎重に使ってます。

 

また、はむねこ家では一切なかったのですが、「空気穴が少し大きいからそこをかじってしまう」という意見もありました。

改めてキャリーケースをよくみてみると・・・。

マルカンさんのはむはむキャリー

下の空気穴はふさがれてますが、上の空気穴はかじれる構造。 

途中までプラスチック板があるのがわかります。

キャリーケース
キャリーケースの中
途中までプラスチックの板があります。

個人的には、ジャンガリアンの小ささならかじりにくい、ゴールデンハムスターならかじれるかもなあと思いました。

 

さいごに

ハムスターの移動、特に病院に行かないといけない!というのは突如やってきます。

ただでさえ、「ハムスターの病状」で頭がいっぱいなのに、キャリーケースがない!なんてことになればパニックです。

  

備えあれば患いなし。

ハムスターのキャリーケース、とりあえず準備しておいて損はないです!

以上、「ハムスターの病院への連れて行き方【キャリーケースを準備】」でした!

お役に立てたら嬉しいです。

 

ではまた!

まおみ

コメント

お問い合わせ