ジャンガリアンハムスター飼育グッズ一覧≫

ロボロフスキーハムスターに合った回し車の大きさは?大きすぎると吹っ飛ぶ理由をめっちゃ真面目に考えた。【ロボ飼育初心者の記録#04】

 

こんにちは!まおみ(@maomihamham)です。

  

まおみ
まおみ

チャップリン、回し車まわすの下手やなあ・・・

回しては吹っ飛び、回しては吹っ飛び・・・

はむあき
はむあき

なんかすごく回しにくそう・・回し車の大きさ見直そうか。

 

ハムスターに必要な回し車。

でも、うまく回せてなかったり、吹っ飛ばされていたりしませんか?

場合によっては、大けが・事故につながります。

 

今日は、ロボロフスキーハムスターのチャップリンを例に、

  • ロボロフスキーハムスターに合った回し車の大きさは?
  • ハムスターが回し車を回せてない・・ 大きすぎて吹っ飛ばされる・・なんで?
  • ハムスターの体の大きさにあった回し車を選ぶのは大事です

ってお話です。

   

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロボロフスキーハムスターに合った回し車の大きさは?

ハムスターの回し車 【SANKO】三晃商会 サイレントホイール
(左)サイレントホイール12
(中央)サイレントホイール15

  

ハムスターの体長によりますが、結論からいうと、

  • ホイール径12cm(SANKO サイレントホイール12の大きさ)
  • ホイール径15cm(SANKO サイレントホイール15の大きさ)

これぐらいがベストだと思います。

 

個人的には、ジャンガリアンでもロボロフスキーでも使える

サイレントホイール15を購入しておいて、

うまく使えなさそう、大きくて使いづらそうなら

サイレントホイール12を追加で買うのがいいかなと思ってます。

 

実際にはむねこ家はロボロフスキーハムスターの回し車を、

サイレントホイール15から12にかえました。

なぜなら、回し車が大きくて吹っ飛んでいたからです。

  

ロボロフスキーハムスターのチャップリン 回し車で吹っ飛ぶ。

チャップリン(ロボノーマルの男の子)をお迎えしたのち、

あんまり巣箱からでてこないため、見守りカメラで見張っていたところ、

こんな様子をとらえました。

見守りカメラ 録画 昼モード
開始3~4秒に注目。

ちなみにこの見守りカメラがすごく良かった話

  

はむあき
はむあき

吹っ飛んでる・・・

 

もともと、回し車をうまく回せてない印象がありましたが、ここまでとは・・・。

ということで、急きょ回し車をサイレントホイール15からサイレントホイール12に変更しました。

  

ハムスターに対して回し車の大きさが大きすぎると吹っ飛ぶ理由。

  

慣性モーメントが大きくて急停止できないから。

ハムスターって回し車を回すとき、急発進して急停止しますよね。

少なくとも

  • 「よいしょ」って回し車にのって、
  • ゆーーーっくり走り出して、
  • ランニングマシンみたいに減速して止まる・・・

てことはないと思います。 みたことない。

 

そうなると、もういちど先ほどの映像をみてほしいんですけど、

チャップリンはうまく「急停止」できてないんだと思うんです。

 

じゃあなんで大きい回し車だと「急停止」できないの?

(以下、めっちゃ真面目に考えましたが、物理専門の方間違ってたらご指摘くださいませ・・!)

  

キーポイントは慣性

慣性:外から力の影響を受けないかぎり、運動は継続し続けるという運動の性質。

静止物は静止しつづけるし、運動しているものは運動し続ける。

この慣性は回転運動にも当てはまります。

つまり、物体は回転し始めると回転し続けます。

 

そして、もうひとつのキーポイントが慣性モーメント。

慣性モーメント:回転する物体の慣性の大きさ=回転運動のしにくさ。

慣性モーメントが大きければ大きいほど、加わった力に対して抵抗する力が大きくなる。

つまり慣性モーメントが大きいと回転しづらいけど、ひとたび力が加わり回転し始めると止まりにくいということ。

参考にさせていただいたHP>>>物理学解体新書

 

よって、回し車の半径に見合った体の大きさでないと

  • 走り出しにくい
  • 走り出すと止める力が足りなくってうまく止まれない!

て、ことです。

  

まおみ
まおみ

久々にめっちゃ考えたわ・・・

はむあき
はむあき

だから、適切な大きさの回し車を選ばないと、ハムスター自身の止める力が足りなくて止まれない→吹っ飛ぶんやね。

  

ハムスター自身が回し車をまわすのが下手だから。

可愛いハムスターの画像
サイレントホイール12とチャップリン

もう一匹のロボロフスキーハムスターぴぃちゃんは、回し車を上手に扱います。

確かに、チャップリンはぴいちゃんに比べて少し体が小さいとはいえ、

そんな10gも変わるわけでもないし。

  

先ほどの慣性モーメントの観点から考えても、

物体を止める力がそんなに違うのか?って。

 

で結論。

まおみ
まおみ

ハムスターにも運動の上手い下手があるんや!

(運動音痴のまおみの叫び)

チャップリン
チャップリン

下手って言われた・・・

 

ごめんなさい、これはなんか根拠があるわけではないんですが。

きっと、慣れもあるんじゃないかなと思います。

 

ペットショップとかって、回し車設置してないところありますよね?

だから、回し車の扱いにも慣れてない。

しかも、サイレントホイールなど小動物の回し車は、

大抵ベアリングが使われていて、すぐにスピードが出るようになってます。

そのスピード感にも慣れない。

 

だから、

  • 使っていれば、 徐々に徐々に慣れて走れるようになるはず。

  

まおみ
まおみ

ということで、サイレントホイール12でしばらく様子をみます。

  

大きさの合わない回し車は事故のもと。危ない。

つらつらと、なんで大きすぎる回し車で吹っ飛ぶのかとか

慣性がどうたら、運動の得意・不得意について書いてきましたが、

理由がなんであれ、大きさがあわないと事故の元です。

 

  • 吹っ飛んで床に体をうちつける。
  • 他の設置物に体をぶつける。

心配していたらきりがないのは分かっているんですけど、やっぱり不安要素は取り除きたい。

 

ということで、「サイレントホイール12」を買ったわけです。

またチャップリンの体も小さいので、

うまく回せるかしばらく様子をみたいと思います!

 

  • うちのロボロフスキーハムスターも、回し車が大きすぎてうまく走れてないわ・・

って方は、ひとつ小さい大きさの回し車を検討してみてください。

 

【サイレントホイール12の詳細はこちら】

Amazon

楽天


  

サイレントホイールの大きさを比較した記事はこちら

※ジャンガリアンの回し車のサイズについての記事ですが、サイレントホイールの設置方法などについても触れているのでぜひどうぞ!

  

はむあき
はむあき

今日もここまで読んでくださってありがとうございました!

まおみ
まおみ

お役に立てたら嬉しいです!

 

ではまた!

まおみ

  

>>>お知らせ

夫はむあきが、ハムスターの画像合成作品を制作しています。

ケージの中のハムスターでなく、外の世界へ飛び出したハムスター!

どんな世界に巡り合えるのか?ドキドキがつまってます。

是非、ご覧ください。

↓夫のインスタグラムはこちら↓

 

コメント

お問い合わせ