ジャンガリアンハムスター飼育グッズ一覧≫

【克服】ハムスターを触るのが怖い【びくびくは伝わる】

可愛いハムスターの画像
ロボロフスキーハムスターのぴぃちゃん(♂)

  

こんにちは!まおみ(@maomihamham)です。

 

SNSでみかけるハムスターアカウント。みんなハムスターに触って、手乗りにしていいなあ。

ハムスターもだいぶ環境に慣れてきたみたいだし、自ら近づいてきてくれるし、今日は手を差し出してみよう。

 

と意気込むも、ハムスターを目の前にすると「噛まれるかも・・・」と上手く接することができない。

ハムスターを飼っている人の中にはそんな方もいると思います。

 

わたしの経験上、克服すべきは「びくびくしたままハムスターに接してしまうこと」です。

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「びくびく」は思った以上にハムスターに伝わる。

まさしくこれです。

不思議なもんですが、ハムスターって、というか動物って敏感です。こちらの「怯え」が伝わります。

  

「怖い」という感情のまま手を差し出すと、

  • 「緊張」がハムスターにも伝わる。
  • ハムスターの警戒心も解けない。
  • ハムスターも人間の手が怖いまま。

  

まおみ
まおみ

私もこの悪循環でした。

でも、「こわくないよ!人間の手は全然こわくないよ!」という堂々とした気持ちで接していると、警戒心が解けていきます。

まおみ
まおみ

不思議なものです。

 

「びくびく」しないために。

可愛いハムスターの画像
ロボロフスキーハムスターのぴぃちゃん(♂)

それはわかるけど、どうやってびくびくしないでハムスターと接することができるようになるの?ってことですが、わたしの実践したことは2つです。

  

噛まれなかったらラッキー精神でいる。

  

わたしがハムスターと触れ合うときに思っていたことです。

ハムスターは巨人と接している、ハムスターの方が怖いはず、噛むのが仕事だ、何かを伝えようとしてるんだ、きっと噛むだろう、でも噛まれなかったらラッキーだ!!!

まおみ
まおみ

本当に心の中で唱えてました(笑)

   

噛むかな?噛まれちゃうかな?」と思ってると噛まれたときにびっくりしてしまう。

だから、「きっと噛むだろう、噛まれるだろう」という気持ちでいる、ってことです。

  

これが案外心を落ち着かせてくれました。

  

ハムスターとの距離になれる。

可愛いハムスターの画像
ペレット大好きチャップリン(♂)

初めてハムスターを飼ったり、初めて動物を飼う人って、

  • 動物との距離がわからない
  • 次はどんな行動をするのかわからない

って怯えたりすると思うんです。

  

実はわたしもそうです。大人になるまで動物なんて飼ったことなかった。

初代ハムスターひじかたさんがはむねこ家に来たときは、手に乗せただけで

「どうしよう、骨折れそう、小さすぎる、くすぐったい」って大騒ぎ。

 

正直に言うと、動物との距離感がわからなかったんです。

そんな私がしたことは、距離感に慣れること。

  

  • ハムスターが環境に慣れて外に興味を持ちだしたら、指先でエサをあげる。
  • ハムスターが近づいて来たら手をゆっくり差し出してみる。
  • ハムスターが興味を示したら噛まれる前に手を遠ざける 。

  

こうして、噛みはしないけどハムスターも「飼い主のにおい」を十分に察知できる距離感で、日々接しました。

1週間じゃどうにもなりませんでしたが、1ヶ月続ければ慣れて気持ちに余裕ができます。

ハムスターとの距離感がわかってくると、ハムスターとの触れ合いが怖くなくなるって寸法です。

 

そうして手を差し出すことに抵抗を感じなくなれば、もう「びくびく」せずに接してるってことです。

  

ハムスターのアレルギーには気をつけて。

触ろうとするってことは噛まれる可能性があります。噛まれるのはやっぱりよくないです。特に、アレルギーはバカにできません。

ハムスターに噛まれアナフィラキシーショックを起こした事例もあります。出血するほど強くかまれた場合は要注意です。体に異変があれば、すぐに病院へ。

  

特に動物アレルギーを持っていたり、アレルギー体質だという方は、無理に触らないほうが良いです。

  

別に触れなくてもいいと思います。

ハムスターに触ることを前提に話してきましたが、ハムスターにとって過度に触られるのはストレスのもと。 ハムスターは懐く生き物じゃないです。野生でも単独生活ですし。

個体によっても性格が違うので、どうしても触れないハムスターもいます。

 

でも触れないなら、別にそれでいいと思います。

健康チェックは透明の虫かごや瓶にハムスターを移して確認すればいいですし、触って確認しないといけないことがあれば軍手をすればよし!

 

触れない、怖いと思う方は、

ハムスターに過度にストレスを与えてない!落ち込むことはない!

とポジティブに考えてみてください。

まおみ
まおみ

ハムスターは触られることや干渉によるストレスに弱いので。

 

さいごに

ハムスターを触ることを推奨しているわけではないです。ハムスターが望まないときのスキンシップは禁物。

ただ、手を「安全だ」と思ってもらえれば、健康チェックがしやすいなどのメリットはあります。

 

「びくびく」は想像以上に相手に伝わっています。裏っかえせば、堂々としておけばハムスターの警戒心も薄まっていくってこと。

ハムスターに触るのであれば、ぜひ緊張してしまうのを克服し、程よい距離間をもって接するのが一番かと思います。 

ぐぐぐっと仲良くなれますよ!

  

あ、お迎えしてすぐはお触り禁物です!

ハムスターに慣れてもらうために!初めの1週間合言葉は「触らない・覗かない・ほっておく!」

 

以上、「【克服】ハムスターを触るのが怖い【びくびくは伝わる】」でした!

 

 

まおみ
まおみ

読んでくださってありがとうございました!

ではまた!

まおみ

 

コメント

お問い合わせ